Blog

答え合わせ

紀の川市重行の民家にて解体工事が進んでいます。

こちらは大胆な間取りの変更と共に、耐震強度3と同程度の補強を行うためスケルトンに近い所まで解体を行っています。 ですが、一部の既存土壁は耐力評価に加えているため、きちんと出来ているかの確認を行います。

写真は和室の床の間になりますが、床の間と押入れを間仕切る土壁だけ梁まで達していません。 そうなると壁の基準耐力評価が著しく落ちるため、要注意です。 ちなみに脚元のコンクリート基礎も繫がっていないので、意図的に塗り込んでいない事が分かります。 こちらの建物はとても丁寧に作られているため、耐力が不要な壁だけが塗り込まれていなくて、他の壁は全て塗り込まれていますが、建物によっては本当に区々で、天井裏や床下から事前に確認する事、それらを予測する“経験”がとても大事だと感じます。 解体工事は、事前調査の答え合わせの場であり、計画が上手く納まるかの緊張の瞬間でもあり、そして、様々な建物の作り方を学ぶ事ができる貴重な場でもあります。