Blog

心地良い広さとは

こちらは和歌山市内にて計画を進めております木造2階建ての戸建てリノベーション。

元々は1階に居間、水回り、炊事場、和室。そして2階に個室が3部屋という間取り構成でしたが、

家族構成の変化に伴い、基本的に1階のみで住まいが可能なプランへと更新する計画です。




​そこで問題となるのが心地良い広さとは何かということ。 コンパクトな空間で、広がりを感じながら丁度良い塩梅のスケール感とは何か。 ​ 私見としては、空間の広さと心地良さは単なる比例関係ではなく、それぞれのスケールに合う「適した密度」があると考えています。 ​ ​そんなことを日々考えながら進めております本計画も、耐震補強工事を経て大工工事も終盤へと差し掛かってきました。続く内装工事においても上記を念頭に置きながら、施主様と慎重に選定しながら工事を進めております。