Blog

築100年程の古民家を継ぐ


年末より解体工事がはじまりました、和歌山県岩出市中黒の古民家リノベーション。 立派な柱と梁が現れた空間に、差し込む光が印象的です。 ​ ​こちらの古民家は一般的な在来工法とは異なり、寺社仏閣と同じ“伝統工法”によって建てられています。 そのため、“伝統工法”の良さを活かした、限界耐力計算という特殊な構造計算に基づく補強工事を行う予定をしております。 ​この空間がどのように変わるのか、工事の進捗が楽しみです。 ​