Blog

古民家の耐震補強

現在工事が進んでおります和歌山市の古民家では、田の字の四つ間を一室空間として改修するにあたり、中央の柱へ補強壁が必要となったのですが、単なる壁にせず、木を格子状に組んだ耐力壁を計画しています。




加えて、限界耐力計算を元に、柱脚には建物の変形を抑制する耐震リングを設置することで、古民家の柔構造に合わせた最適な補強を計画しております。 格子耐力壁は一般的な筋交いや構造用合板より耐力は劣るのですが、土壁を基準とした弱い(柔軟な)壁が主体の古民家にとっては一カ所に応力が集中せず、適切な補強が可能となります。 ​ 光や風、そして視線を通しながら緩やかに間仕切ることができ、空間の良いアクセントとなりそうです。



又、併行して進捗しております貴志川の古民家では、瓦屋根から軽量のガルバリウム鋼板屋根へ改修しております。土葺きの瓦屋根から、屋根を軽くする事で、耐震性が格段にアップします。

いずれにしても、古民家の耐震補強については、建物の状態、今後の使い方、そして費用対効果を考えた

総合的判断が必要となります。