Blog

さりげない所こそ

紀の川市で工事が進捗中の古民家リノベーションでは耐震補強工事が終わり大工工事も終盤に差し掛かってきました。

写真は、縁側の縁甲板貼の天井ですが、出隅柱と天井の取り合いを留め加工で納めて頂いてます。



​​■紀の川市南中の古民家リノベーション



■大阪狭山市の古民家リノベーション



又、大阪狭山市で工事が進捗中の古民家リノベーションも大工工事は終盤へ。

写真は既存の欠けた柱を桧板で包んだのですが、どう見ても新たに設けた一本の柱にしか見えません。

新築と違い古民家の場合は年月によって多少歪んでいるため、微妙に調整しながら難ある所をさりげなく納めるのは至難の業。

ですが、“難しいわー”と言いながらも寡黙にきちんと納めてくれる大工さん。

その仕事に対する実直な想い、まさに尊敬の一言です。