1/12

TOPIC

2020.07.06 | BLOG | 隠れた技術の積み重ね

2019.12.28 | WORKS | 南中の古民家を追加しました

BLOG

 

2020.07.06 | 隠れた技術の積み重ね

田の字型平面をしている古民家では、個室が必要となるタイミングで増改築を繰り返している事が多く、その弊害として様々な問題も。

 

岩出市で工事中の住まいでは、増築部との接点の廊下部分が雨漏りし、湿気が廻ったことで床下に白蟻の被害を引き起こしていました。雨漏りの原因は、屋根の重なりを繋いでいる銅板が酸性雨によって穴があくことで引き起こされています。

幸いにも、白蟻の被害は廊下部分に限定されていたため、補強を含めて建物の活用を計っているのですが、木造軸組工法では基礎と緊結されている土台の交換は難易度が高く、腕利きの大工さんでもかなり苦心されていました。

ジャッキアップで建物を浮かしての作業となりましたが、まるで元々そうであったかのように土台を差替え、痛んだ柱も継手で補修を行い、きっちりと納めて頂きました。

建物の継承もそうですが、こういった最終的には隠れてしまう所​にこそ重要な技術は潜んでいて、その優れた技術の継承も大事だと改めて実感しました。

 

2020.06.17 | 梅雨の晴れ間にしっとりと

雨が苦手な私ですが、梅雨時期にしか見られない風景もまた良いものですね。

 

一つ目は、計画を進めておりました岩出市の古民家リノベーション。

不動産取引の都合上、計画から少し間が空きましたが無事着工しました。

解体後は民家の原型に戻ったようで好きな瞬間ですが、雨上がりのしっとりとした雰囲気との相性も良く、竣工時の想像を膨らませながらの現場監理が続きます。

 

そして、由良で進めております新築の住まいでは、外断熱工事、屋根工事へと進む現場を紫陽花が彩っていました。

個人的に懸案だった軒天の納まりも決まり、工事は順調に進んでおります。

 

また、番外編ですが、以前手掛けさせて頂きましたS-MODEL HOUSEの玄関先の低木に、ウグイスが小さな巣をつくっていました。

こんな所に!と思いましたが、少し人気のある方が外敵から身を守れるのでは、という説も。

中をそっと覗くと、4羽の生まれたての雛鳥がうつらうつらとしておりました。

風雨を防ぎ、直射日光を避けながら、明るく風通しの良い環境が住まいには良いんだよと、“巣作り上級者”からの教えは尊いですね。

2020.05.26 | 街並みに倣う

先週末の大安吉日、由良町にて計画を進めております新築の住まいが、息の合った大工チームの作業の元、無事に上棟致しました。

吹抜けを介して上階と繫がる2階建ての建築は、周辺街並みの形式に倣って下屋がぐるっと建物を囲う形状をしており、リビングからは軒下ウッドデッキを介して庭に向かって広がります。

又、2階の窓からは、南面は庭側の緑へ、北面は海側へとそれぞれ開けており、丁度棟上げを迎える夕暮れ時には潜水艦が停泊しているのが見えました。

内海に面する穏やかな街​に溶け込みながら、土地が持つ環境を最大限享受する。そんな住まいをイメージしております。

2020.04.23 | 抑えこまれた高さの美

紀の川市貴志川町の築100年を超える古民家の現地調査へ伺いました。

広々とした敷地に加えて、貴志川方向への眺望が良い少し高台に立地します。

建物は、琉球古民家に似た軒下空間があることで夏の気候に配慮した造りとなっており、全体的にも高さをぐっと抑えているため“控えめな佇まい”が魅力的です。

 

内部はこれまでの改修履歴が散見され、それらを参考としながらも惑わされないように、時を遡り竣工時からの履歴をたどるよう心掛けています。

自然と“懐かしさ”を感じ、心が落ち着く。

そんな素敵な古民家での新たな暮らしについて、頭の中でぐるぐると妄想が進行中です。

“都市と地方の良い取り”を目指し、地方を拠点に設計事務所を始めて、この4月で7年目を迎える事が出来ました。これまで支えてくれた家族、クライアント、工務店、関係者の皆様方には大変ご協力頂き、本当にありがとうございます。

最初は小さなプロジェクトから始まりましたが、今では近畿地方の方々から、様々なお声掛けを頂いております。

 

しかしながら、新型コロナウィルスの蔓延、緊急事態宣言の発令に際しまして、都市間移動を自粛するべく、解除までの間は、和歌山県外の新規ご相談については、メールもしくはWEB会議ツールにて対応させて頂きます。

幸いにも現在の所、和歌山県外での工事進捗は無く、打ち合わせ進捗中の方には個別にご連絡させて頂きます。

大変な事態となりましたが、なるべく外出を控えると共に、現場に赴く際には、和歌山らしい明るい情報をお伝えできればと思っております。

写真は、今月中旬に地鎮祭を行う予定の敷地にあります、手押しポンプとミカンの木。

「このポンプとミカンはそのままに」とのご要望を元に新築計画を進めたお住まいですが、日常の有難さとは、実は身近なところにあるのかもしれません。

 

そして、竣工を迎える頃には、当然収束している事を願ってやみません。

2020.03.15 | 粋な暮らしとは

海南市で工事が進捗中の住まいでは、耐震補強工事を経て大工工事も終盤に差し掛かってきました。

立派な太鼓梁が交差する空間は圧巻で、ずっと眺めていても飽きません。

​又、現場には杉の一枚板が多数あり、それぞれに登場機会を伺っています。

そして、自然の造形に合わせるよう、施主様は信楽までお気に入りの洗面器を探しに向かわれました。

信楽焼には土地で採取される粘土の中に石英と長石が含まれていて、焼くとガラス質に変化することで表面に蟹の目のような表情や自然釉が生まれ、一つ一つの表情が異なります。

確かにじっと眺めていても飽きないし、、、なるほど建築も同じなんですね。

 

言語化は苦手ですが、「意識と無意識」、「計画と自然」の間にあること、

粋というのはそういう事なのかもしれません。

2020.03.09 | 適材適所な計画を

紀の川市にて工事が進捗中の住まいながらの古民家改修。

古民家において一般的な田の字型プランの場合、南側に仏間、続き間、縁側があるため、そちらを保ちながらという場合、北側にリビングを設けている住まいを良く見かけます。

こちらの施主様も同じようなご希望でしたが、北側に増築棟が迫っているという条件も重なり、如何に採光を取るかという事が課題となりました。

そこで、天井裏の“つし”(小屋裏スペース)がある水平な天井との境目となる下屋スペースに天窓を設けました。

壁面窓の3倍の採光効果を実感すると共に、空を眺めながらの暮らしは羨ましい限りです。

年度末期限の役所による耐震補強検査も迫っており、工事は慌ただしいながらも順調に進んでおります。

2020.01.09 | 新年は現場から

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年は大小様々なプロジェクトが竣工し、ものづくりを通じて多くの出会いを頂き、そして、個人的には新しい家族を迎え、色々な面でステップアップとなる年でもありました。

本年も、引き続き“暮らし”に真摯に向き合い、“着眼大局着手小局”を意識しながら、更なる挑戦を重ねていきたいと思います。

 

そして早速ですが、年初より計画を進めておりました2案件の工事が始まりました。

​■海南市の民家にて、内部解体の様子

​■紀の川市の古民家にて、葺替えのための瓦撤去の様子

解体工事を進めるとやはり想定外の事や新たな気づきがあり、そこが面白い所でもあります。

そういった時こそ、厳しくも楽しい日々の経験を大切に、柔軟な思考や発想を積み重ねていきながら、“古くて新しいデザイン”を生み出せるよう精進していきたいと思います。

リノベーション・新築住宅設計・建築設計・店舗デザイン・不動産コンサルティング | 和歌山/大阪/兵庫/奈良/京都/全国対応

一級建築士事務所

WAKAYAMA OFFICE

646-0003 和歌山県田辺市中万呂66-1 B-101

 

OSAKA DESK

664-0008 兵庫県伊丹市荒牧南3-17-24

Copyright  © TSUGU DESIGN  All rights reserved

  • Facebook - Black Circle