Blog

風景の一部となること

新たな古民家リノベーションのご相談で海南市へ。 そこは山深い谷間に面する立地のため、思わず深呼吸したくなるような景色が広がっていました。 ​ そして建物はというと増改築の変遷もあり、切妻屋根が幾重にも折り重なる形状をしていて、 それがとても景色に馴染んでいます。



山並み、綺麗に整えられた植栽、和歌山らしい柿や栗などそれら環境も、時間をかけて築かれた建物の存在があるからこそ、更に魅力が増しているように感じました。

この魅力をどう引き継ぐか、じっくり腰を据えて考えたいと思います。