Blog

築100年を肌で感じる

大正区で工事中のゲストハウスは構造補強を念入りに行い、ようやく壁の下地工事の段階へと入ってきました。 ​ 一部の石膏ボードが貼り終えたことで、新旧の建材の対比が浮き上がってきました。

2階がゲストルームの計画なのですが、100年前の小屋組に用いられた梁が室内へ現される事で、直線的でないダイナミックな表情となっています。

この建物でしか味わえない「ここにしかない場」が、

もう一度訪れたくなるきっかけの一つになればと​意図しております。