Blog

新型コロナウィルスへの対応について

“都市と地方の良い取り”を目指し、地方を拠点に設計事務所を始めて、この4月で7年目を迎える事が出来ました。これまで支えてくれた家族、クライアント、工務店、関係者の皆様方には大変ご協力頂き、本当にありがとうございます。

最初は小さなプロジェクトから始まりましたが、今では近畿地方の方々から、様々なお声掛けを頂いております。

しかしながら、新型コロナウィルスの蔓延、緊急事態宣言の発令に際しまして、都市間移動を自粛するべく、解除までの間は、和歌山県外の新規ご相談については、メールもしくはWEB会議ツールにて対応させて頂きます。

幸いにも現在の所、和歌山県外での工事進捗は無く、打ち合わせ進捗中の方には個別にご連絡させて頂きます。




大変な事態となりましたが、なるべく外出を控えると共に、現場に赴く際には、和歌山らしい明るい情報をお伝えできればと思っております。

写真は、今月中旬に地鎮祭を行う予定の敷地にあります、手押しポンプとミカンの木。

「このポンプとミカンはそのままに」とのご要望を元に新築計画を進めたお住まいですが、日常の有難さとは、実は身近なところにあるのかもしれません。

そして、竣工を迎える頃には、当然収束している事を願ってやみません。