Blog

新しく、古い

先日、生け捕りしておいた梁と軒桁の加工打ち合わせへ伺いました。

こちらは、大工であるお祖父様の住まいから取っておいたもの。

工務店さんの綺麗に整理整頓された加工場に鎮座しておりました。



8m以上ある軒桁は、部分的な垂木欠きを含めて屋根勾配に合わせてカットすることで対応できる事に。

中々難しい加工、かつ仕口部分を除くとギリギリの長さで可能という事でほっと一安心。



又、梁については、磨きを極力敢えて入れず、記された文字を活かそうとなりました。

それぞれ新たな仕口は大工による手刻み加工が施される予定で、その辺りも楽しみの一つです。