top of page

Blog

感謝のしるし

施主、工務店、そして我々設計事務所。


私はものづくりにおいては、3者は立場は違えどもそれぞれに対等であるべきだと考えています。

なぜなら、共に一つの目標に向かって歩みを進めなければ、決して良いものはできないから。


「お金を払う立場のものが偉い」

「サービスを受けて当然」

そういう考え方ももちろんあるでしょう。


ですが、立場の優劣ではなく、人と人との関係性の中から自然と「感謝」は生まれてくる訳で、

そういったものの積み重なりが、ものづくりを通じた真のサービスにつながると考えています。


先日、現在工事が進捗中の根来の古民家に行くと、何やら素敵な一枚板の天板がありました。




「銀杏の一枚板で、こんな大木になるとコブのようなものがあって面白いね」

と大工さんが嬉しそうにサンダーで削っていて、聞くとこれは施主様へのプレゼントなんだとか。

これは、ひとえに施主様と工務店さんの関係性の良さから生まれた“何かしてあげたい”

という純粋な感謝の気持ちからなんだと思います。


両者をコーディネート出来た事、本当に良かったと思いました。

現場は工事も終盤に差し掛かり、いよいよ仕上げ工事に入ってきました。

Yorumlar


bottom of page