top of page

Blog

小商いが街を賑やかに

大規模な商業施設にはあれこれ選ぶ楽しみや利便性がありますが、

わざわざ行きたい小さなお店も良いですよね。


個人的には人ごみが得意ではないので、大規模な商業施設はさっと済ませたい派で、

是非とも色々な所に魅力的なお店ができて欲しいなと思っております。



さて、一方で私共が手掛けるリノベーションの改修前の状態において、家族が多かったたためや、

別棟で倉庫や蔵があったり、理由は様々ですが家が大きい(すぎる)というのが難点となる事も。

そういった余白となったスペースを有効活用して、小さいところからでも商いをはじめてみたいな

とのお問い合わせをポツポツ頂いておりまして、一つの流れになれば良いなと勝手に妄想しています。



■工事が進んでおります御坊のお店は増築部分の1階スペースを飲食店に改修中




■こちらも工事が進んでおります根来の古民家では、納屋スペースで何かはじめようかなと画策中。


私共も小さなお店を始めてみて思うのですが、商いは楽しいんですよね。


普段の生活では知り合えない方と仲良くなったり、色々な世代の方とお話したり。

その楽しさが、一般の方に広まればいいのになと。


住まいにおいてはDIYの普及による「民主化」が一つのキーワードとなっておりますが、

「街の民主化」が一般的になれば、もっと暮らしが楽しくなるのではと思っております。

Comentarios


bottom of page