Blog

古材を生け捕り

田辺市にて住まいの建替え計画を進めております。

既存建物をリノベーションするか、はたまた建替えするべきか

建物の総合的な状態から判断した結果、建替えの方針となりました本計画。

現在は、古家の解体工事が進んでおります。




ただ、元大工のお祖父さんが自ら建てた住まいという事もあり、出来れば新しい住まいでも使えたらいいなという、梁や軒桁、建具などの部材を解体用語でいう“生け捕り”しています。





解体業者さんの丁寧な作業により、無事に梁を取り外すことができました。

墨付けにて記された文字もお祖父さんのものなのかな、など想像が膨らみます。

話は変わりますが、私の母方の祖父は元漁師で、引退する際に父が色々と引き取っていました。

こちらの漁船で使っていた時計とランプもその中のもの。





この時計は私が幼少の頃からずっと実家で使っていて、ゼンマイ部分が何をやっても治らなくなっても、 父がパーツを組み合わせて電池で動くように改修しました。 現在は、我が家にいて時々時間がずれるんですが、 「ちょっと落ち着いてのんびりしなよ」 と祖父に言われているのかなと思ったり。 見てると不思議と気持ちが落ち着く。 そんな素朴な想いが、古材を再利用したいなと思う私の原点なのかもしれません。 ​ ちなみにランプも、今後自分で使えるように改修しようと考えています。