Blog

保存と再生

現在計画を進めております大阪狭山の古民家リノベーション。

築120年を超える良質な古民家を可能な限り現状のまま後世へ引き継ぎ(保存)、そして、新たに住まいを構成する(再生)という要件にどのように応えるべきか、検討のため模型を作成しました。





ファサード、玄関土間、書院を可能な限り活かすためには、どのように耐震補強を行うべきか。

そして、現代的な住環境を、建物に対してどのように統合すべきか。





軸組の構成要素からつくることで、当時の棟梁の気持ちを咀嚼しながら確認していきます。

まだまだ引き続き検討は続きますが、まずはお施主様と共通イメージが持てたことは何よりでした。